無断ムダン複写フクシャオヨ転載テンサイ禁止キンシ
タケノヤ事務所監修カーテンウォール工事特記仕様書
目   次
タケノヤ事務所カーテンウオールコンサルタント受注ジュチュウ経歴ケイレキ
ご使用上の注意チュウイ事項ジコウ
1 共通事項
1.1 一般事項
1.1.1 基準及び規格
1.1.2 適用範囲
1.1.3 業務範囲
1.1.4 保証
1.1.5 設計図書間の不一致
1.1.6 カーテンウオール取付部の構造体
1.1.7 スケジュール
1.1.8 製作開始
1.1.9 日本法令の遵守と規則
1.1.10 行政機関との連絡および行政機関への書類提出
1.1.11 工業所有権
1.1.12 確認事項
1.1.13 カーテンウオール技術者
1.1.14 工事関連図書の整備
1.1.15 カーテンウオール施工者の責任
1.1.16 用語
1.2 品質
1.2.1 性能発注
1.2.2 カーテンウオール施工業者の資格
1.2.3 品質管理
1.2.4 検査
1.2.5 技術委員会の設置
1.2.6 日本の気候条件への適応
1.2.7 ストラクチャーグレージングシールのメンテナンス
1.3 提出物
1.3.1 提出書類
1.3.2 見本
1.3.3 モックアップの製作
1.3.4 予備部品
1.3.5 メンテナンスマニアル
2 品質および性能
2.1 耐風圧性能
2.2 地震荷重に対する性能
2.3 風以外の荷重に対する性能
2.4 水密性能
2.5 屋根及び樋等の排水量決定用降雨量
2.6 層間変位追従性能
2.7 気密性能
2.8 断熱性能及び結露防止性能
2.9 ガラスの性能
2.1 遮音及び発音防止性能
2.11 耐火性能
2.12 防火区画間の遮煙及び気密性能
2.13 熱安定性能
2.14 デザインライフと耐久性
2.15 メンテナンスと交換性能
2.16 PCカーテンウオールの繰り返し応力によるひび割れ防止性能
   
3 材料
3.1 アルミニウム材料
3.2 アルミニウム材の表面処理及び仕上げ
3.3 鋼材料
3.4 ステンレス鋼材
3.5 耐火材料
3.6 有機繊維補強コンクリート
3.7 プレキャストコンクリート
3.8 石材料
3.9 目地シールに用いる不定形弾性シーリング材
3.1 ストラクチャーシーラント
3.11 ガスケット・スペーサー等
3.12 断熱材料
3.13 摩擦低減材料
3.14 固定金物
3.15 ビス・ボルト・座金・溶接
3.16 コンクリート面に用いる塗装
3.17 ガラス
3.18 グレージング材料
4 システム及び部位
4.1 システム解説
4.2 排煙窓及び開閉装置
4.3 ガラリ及びルーバー
4.4 ガラリ裏のチャンバー
4.5 笠木
4.6 キャッチパン
4.7 スパンドレル部のガラス裏面パネル
4.8 窓清掃用タイバック
4.9 点支持ガラススクリーン
5 施工図作成基準
5.1 施工図作成の方針
5.2 設計時に見込む躯体付金物の取付位置の許容差
5.3 水密設計上の要求事項
5.4 結露防止設計
5.5 避雷対策(側雷対策)
5.6 メンテナンス、清掃作業に対する配慮
5.7 接触腐食
5.8 取付金物
5.9 溶接
5.1 上下階を貫く方立中空部等への隔壁の設置
5.11 目地シール用いる弾性シーリング材
5.12 耐火材の配置
5.13 関連部位の接続部の形状
5.14 ビス受け部の肉厚
5.15 表記法
6 性能確認試験
6.1 実物大供試体による性能試験
6.2 実物大供試体試験における供試体および仮想躯体
6.3 実物大供試体試験の試験方法
6.4 実物大供試体試験における耐風圧試験方法
6.5 実物大供試体試験における水密試験方法
6.6 実物大供試体試験における層間変位追従試験方法
6.7 気密試験
6.8 タイバック荷重試験
6.9 実物大供試体試験の順序
6.1 実物大供試体試験計画書
6.11 実物大供試体試験結果の報告等
6.12 実物大供試体試験の注意事項
6.13 その他の性能及び品質証明試験
6.14 実際の建物での現場試験
6.15 シーラントの製造者試験
7 製作
7.1 製作上の一般要求事項
7.2 材料および部品
7.3 複数の業者による工場組立作業
7.4 複数の施工業者による同一部材の製作
7.5 社外製作
7.6 メタルカーテンウォールの製作
7.7 PCカーテンウォールの製作
7.8 その他の部品の製作
7.9 検査済票の表示および記録
7.1 配送、貯蔵と取扱い
8 施工
8.1 施工、検査、記録
8.2 施工要領書
8.3 墨出し及び取り付け精度
8.4 施工前の現場調査
8.5 現場漏水試験
8.6 現場監視員
8.7 主要部材の取付け
8.8 ガラスの取付け
8.9 施工中の養生
8.1 現場表面仕上げ時の他部材の養生
8.11 養生と清掃
8.12 補修、取り替え
8.13 配送、保管、取扱い
8.14 ストラクチャルシーラントのメンテナンス
8.15 メンテナンス マニアル
ご使用上の注意チュウイ事項ジコウモド